美容外来 ~Beauty Outpatient~

サリチル酸マクロゴールピーリング

    透明感のあるお肌になりたい方へ

 

 ピールとは「剥ぎ取る」という意味で、ケミカルピーリングとは酸(乳酸・サリチル酸など)を肌に塗布し、角質を溶かして肌が本来持っている力に働きかけることで、にきびやしみ等で傷んだお肌を改善する目的で行います。当院のケミカルピーリングはピリピリ感がほとんどせず、通常のグリコール酸ピーリングよりも非常に効果の高いサリチル酸マクロゴールピーリングです。サリチル酸というピーリング剤を、マクロゴールという基剤になる成分に溶かしてできたピーリング剤で皮膚の表面を溶かし、お肌のターンオーバーを正常に戻します。ニキビ、シミ、くすみ、毛穴の開き、お肌の若返りなどに効果的です。

 約3~4週間おきに、4~5回ぐらい施術されますとくすみの改善とニキビの新生が落ち着き、色白になります。施術後、一時的に皮膚がかさつくことがありますので、特に乾燥肌の方はたっぷり保湿をしてください。

 

  <特徴>

  1. サリチル酸濃度30%、PH1.7という強酸であるため、角質層のピーリングは確実に行うことができます。
  2. マクロゴールとサリチル酸の親和性が高いため、角質以外の細胞を傷害せず、炎症も起こらず安全です。アトピー性皮膚炎の方でも使用可能です。
  3. 血液中への吸収もないので、全身的な副作用の心配もありません。
  4. 真皮にコラーゲン産生が起こるため、柔らかい弾力のある皮膚へ導きます。
  5. しわやたるみといった皮膚の弾力の低下による変化には特に有効で、若返り効果が認められます。
  6. 日本皮膚科学会ケミカルピーリングガイドライン作成にも携われた、上田説子先生が開発した製剤そのものを使用しているので、エビデンスが明確で安心です。
  7. プレミアムコースでは、高濃度ビタミンCとトラネキサム酸のエレクトロポーション導入で、さらに透明感のあるお肌にすることができます。
  

 

           

エレクトロポレーション

 特殊な電流を用い、イオン導入の20倍の浸透力で皮膚の内部へコラーゲンやヒアルロン酸等を大量に浸透させることが出来るため、持続的にハリや潤いを実現できます。

注入する有効な成分によってさまざまな効能に対応できます。

 

 <特徴>

  • 痛みやダウンタイムなく、リラックスして施術を受けられる。
  • 刺激が少ないので、目の周りや唇などの皮膚の薄い部分へも施術ができる。
  • イオン導入・超音波導入より高い効果を望める。
  • ケミカルピーリングや超音波、光治療などの旅用施術との併用が可能

トレチノイン・ハイドロキノンクリーム外用療法

 シミに効果的!

 

 

1. ハイドロキノン

 

 ハイドロキノンは「肌の漂白剤」と呼ばれ、非常に強力な漂白作用のある塗り薬です。

数年前から市販化粧品へのハイドロキノン配合ができるようになり、ハイドロキノン配合の化粧品を見かけるようになりましたが、市販化粧品に許可されているハイドロキノン(医薬部外品)濃度は低く、効果的なしみ治療は望めません。

 ハイドロキノンはしみの原因であるメラニン色素を合成する酵素の働きを弱め、さらにメラニン色素を作る細胞(メラノサイト)の活性を抑えるため、現在あるしみを薄くし、新しくできるしみを予防する働きもあります。ハイドロキノンは正しく使えば副作用の少ない安全な薬です。また、ハイドロキノンは単独で使うよりも、ケミカルピーリング、レーザーフェイシャル、トレチノイン外用剤と併用すると効果的です。

 

 

2.トレチノイン

 

 ビタミンA(レチノール)がお肌の若返りに非常に有効であることはよく知られていますが、トレチノイン(オールトランスレチノイン酸、レチノイン酸)はビタミンA誘導体で、生理活性はビタミンAの約100~300倍といわれています。レチノール自体は血液中に含まれている成分で、安全性は高いです。米国では、しわ、ニキビの治療薬としてFDA(米の厚生労働省にあたる)に認可されて多くの患者さんに使用されています。

 トレチノインはにきび、にきび跡、しみ治療、しわ、オイリー肌等に効果の高いホームケア薬であり、皮膚の基底部に存在するメラニン色素(しみの原因になるもの)を排出する働きを持っています。トレチノインが働くと、細胞が活性化して増殖し、深い層にある細胞が次第に皮膚の表面の方へと押し上げられ、やがては角質になり剥がれ落ちていきます。この時に、細胞と共に押し上げられたメラニン色素(しみ)も排除されます。お肌がターンオーバーしてメラニン色素がなくなるまでには2~4週間かかります。

 またトレチノインには皮脂腺の働きを抑える効果や、コラーゲン・ヒアルロン酸を作る働きもあります。そのため、シワや肌の張り、キメなどにも効果が期待できます。ニキビ治療や肌の若返り全般にも使用されます。

 

 <使用上の注意>

  • 使用の際は医師の指導の下、正しい使い方をお願い致します。使用法を誤りますと、シミを増やしてしまう場合もありますのでご注意ください。
  • 強い刺激があるので、口や目の周りなど皮膚の薄い場所に塗ると皮がむけてきます。また、かゆみが出た場合にお肌を掻くと色素が沈着することがありますのでおやめください。
  • 妊娠中や授乳中の人の使用は避けてください。
  • 使用中は必ず日焼け止めを塗り、肌の保湿をしっかり行って下さい。
  • 継続して使用していると、ある時期に急に皮膚が赤くなることがありますが、一時的なものなので心配する必要はありません。また、長期にわたって使用すると効果が薄くなりますので、ある程度継続したら休息期間を設けてください。
  • 酸化しやすい薬ですので密封して冷蔵庫で保管し、早めに使用してください。

 

 

 

▲TOPへ戻る